絶景駅

下車した瞬間に感動を味わえる景色の良い駅、癒やされる懐かしい駅、 自然豊かな秘境駅を紹介

*

【絶景駅66駅目】気が遠くなるような平原にある元信号場の駅 函館本線・北豊津駅

      2016/11/03

函館本線・函館駅から25駅目、長万部駅の3つ手前に、北豊津駅という駅があります。

 

 

北豊津駅に列車が到着単行列車が北豊津駅に到着。

乗り降りする客は私以外に誰もいませんでした。

 

 

ホームと駅舎ホームは相対式2面2線で、ホーム中央付近に構内踏切があります。

写真は長万部方面の風景。

見事に何もありません。

 

 

ホーム反対側の函館方面を見る。

こちらも驚くほど何もない風景です。

写真右側には線路を撤去したような跡とホームの敷石があり、もとは2面3線あったような雰囲気があります。

 

 

階段と駅舎ホームから駅前へ降りる階段は、なんと枕木を並べたものでした。

こんな庭のガーデニング的な階段が現役の鉄道駅にあることが驚きです。

 

 

駅舎とトイレ駅舎と駅前全体風景。

左奥の細い建物はトイレです。

「元信号場」という意味ではうなずける風景ですが、それでも「これが駅か!?」という驚きは隠せません。

 

 

待合室内待合室部分は大変狭く、それでもちゃんとゴミ箱とベンチがあるのはありがたい。

ベンチの上には駅ノートが置かれていましたが、書き込みは当然少ないです。

 

 

建物財産標駅舎についていた「建物財産標」。

サビが酷くて判読できません。

読める範囲では以下の様な感じでした。

建物財産標

北豊津
本屋4(?)号
昭和?4年?月
青函船舶鉄道管理局

 

 

駅前の一本道駅前から国道へ延びる砂利道。

進むのを躊躇するレベルのワイルドさです。

 

 

国道5号線国道5号線・大沼国道、長万部方面を見る。

沿道には全く民家が見えず、ただひたすら平らな大地が続いています。

 

 

国道からの駅出入口国道から北豊津駅を見たところ。

この道の突き当りに駅がある…、と誰が思えるでしょうか!?

一応左側に「北豊津駅入口」というささやかな看板が立っているのが救いです。

 

 

「北豊津信号場」バス停ポール国道を渡ったところにも木の柱に「北豊津駅入口」と書かれた手作り感満載の看板が立っていました。

そしてバス停のポールには「北豊津信号場前」と書かれています…。

バスには駅とすら認識されていない…。

ちなみに北豊津駅は、1944年(昭和19年)7月1日に北豊津信号場として開業(仮乗降場として旅客扱いしていたらしい)。
1987年(昭和62年)4月1日にJR北海道に引き継がれると同時に駅へ昇格しています。

 - JR北海道の絶景駅, 秘境駅でもある絶景駅 , ,

  関連記事

【絶景駅35駅目】流氷の接岸が見られる駅 釧網本線・北浜駅(冬)

道東、網走駅の先にある「オホーツク海に最も近い駅」北浜駅は、流氷が間近で見られる …

北剣淵駅の板張りホーム
【絶景駅4駅目】崩壊寸前の待合室と板張りホームの駅 宗谷本線・北剣淵駅

旭川駅から宗谷本線に乗って北へ50km、13駅目にある小さな駅、北剣淵駅。 &n …

神路駅
伝説の秘境駅「旧 神路駅」現役当時の映像と行き方を示した訪問記動画

【鉄道の日 #なつかし駅舎 ⑧】きょうは #鉄道の日 。NHKアーカイブスから、 …

仁山駅構内
【絶景駅22駅目】峠に山小屋風の古い木造駅舎が残る駅 函館本線・仁山駅

函館駅を出て北へ6駅、大沼へ向かう峠の途中に、仁山駅という静かな駅があります。 …

駅裏側
【絶景駅37駅目】霧のたちこめる寂しい無人駅 根室本線・初田牛駅

釧路駅から根室本線に乗って東へ13駅目、駅周辺に民家が全く見えない寂しい駅、初田 …

ホームのベンチ
【絶景駅41駅目】日本三大車窓スイッチバックの駅 篠ノ井線・姨捨駅

長野県の松本駅から篠ノ井線に乗って7駅目。 山の中腹に、列車の休憩所のように設け …

塩狩峠
【絶景駅38駅目】小説の舞台になった峠の駅 宗谷本線・塩狩駅

旭川駅から宗谷本線に乗って8駅目の蘭留駅を過ぎると、列車は右へ左へ蛇行しながらデ …

ホームと海
【絶景駅31駅目】広々とした太平洋を望める駅 日高本線・清畠駅

苫小牧駅から日高本線に乗り9駅目、海沿いにホームがある清畠駅に到着です。 &nb …

吉堀駅・駅舎とホーム
【絶景駅6駅目】山と牧草地に囲まれた静かな絶景駅 江差線・吉堀駅

江差線・木古内駅から西へ2駅先、貨車の待合室が置かれた吉堀駅に到着します。 &n …

【絶景駅28駅目】特急を合わせても一日11本しか列車が来ない駅 石北本線・白滝駅

旭川駅から特急オホーツクに乗って2駅目(停車しない特急もあり)、峠を超えた先にあ …