絶景駅

下車した瞬間に感動を味わえる景色の良い駅、癒やされる懐かしい駅、 自然豊かな秘境駅を紹介

*

【絶景駅38駅目】小説の舞台になった峠の駅 宗谷本線・塩狩駅

      2016/11/03

旭川駅から宗谷本線に乗って8駅目の蘭留駅を過ぎると、列車は右へ左へ蛇行しながらディーゼルエンジンを響かせ、険しい峠を登っていきます。

そしてちょうど分水嶺を超えた辺りで線路がふた手に分かれ、塩狩駅の構内に入っていきます。

 

塩狩駅ホーム

ホームは千鳥式の2面2線。

かつては中央に側線があったらしく、不自然に間が開いています。

木々に囲まれた、静かで美しい駅で、駅裏側には桜並木があります。

 

塩狩駅・駅舎

ホームから少し上がった位置に木造駅舎があります。

古い建物ですが、外壁がリフォームされています。

 

駅舎内

ちょっと広めの駅舎内。窓口跡は掲示板になっていました。

 

駅構内

駅前からホームを見渡せます。

峠らしく山深い景色がとにかく素晴らしい。

 

塩狩峠

駅前を進むと、線路脇に『塩狩峠』と書かれた柱が立っていました。

『起源 天塩国と石狩国の国境 海抜二七四米』とあります。

 

三浦綾子記念文学館

駅の上には、小説『塩狩峠』を書いた作家・三浦綾子さんの旧家を移設復元した『塩狩峠記念館』という建物があります。

館内には様々な資料が飾られています。

生活していた家というだけあって、たいへん落ち着く空間でした。

 

国道40号

駅から300メートルほど進むと、蛇行した険しい道が続く国道40号に出ます。

数年前まではコンビニがあったのですが、今は…。

コンビニの裏には塩狩温泉の旅館とユースホステルがありましたが、2006年に同時に閉館してしまいました。

ところが、2013年に『塩狩ヒュッテユースホステル』として復活したそうです。
(場所は駅前の線路沿いあたりらしい)

 - JR北海道の絶景駅, 秘境駅でもある絶景駅 , , ,

  関連記事

駅前の「かなやま湖」
【絶景駅20駅目】湖の畔にたたずむ町外れの駅 根室本線・東鹿越駅

富良野駅から南へ5駅進むと、湖のほとり立つ東鹿越駅に到着します。   …

跨線橋からの眺め
【絶景駅10駅目】どこまでも続く草原が見られる駅 石勝線・東追分駅

室蘭本線と石勝線が交わる追分駅の隣駅、広大な農地の中に東追分駅はあります。 &n …

糠南駅・ホームと待合室
【絶景駅21駅目】待合室が物置!?牧草地に囲まれた小駅 宗谷本線・糠南駅

旭川駅から宗谷本線を北上し、「黒い蕎麦」が有名な音威子府駅からさらに6駅進んだと …

駅舎と倉本聰の看板
【絶景駅11駅目】「北の国から」始まりの駅 根室本線・布部駅

富良野駅から南へ一駅進むと、布部駅に到着です。 長いホームと、やや広めの駅構内。 …

土合駅の階段
【絶景駅47駅目】462段の階段の上がらないと地上に出られない日本一のモグラ駅 上越線・土合駅

高崎駅から上越線に乗って15駅目にある土合駅。 トンネルの中にあるホームに到着し …

波田須駅全体と海
【絶景駅42駅目】海と棚田を見下ろせる山の斜面にへばりつくように存在する駅 紀勢本線・波田須駅

三重県の亀山駅から紀勢本線に乗って延々と南下し31駅目、急峻な山々に囲まれた海沿 …

神明駅ホームと待合室
【絶景駅17駅目】峠の小集落にたたずむ小さな駅 江差線・神明駅

木古内駅から西へ18kmほど進むと、峠の山深いところにポツンとたたずむ小さな駅、 …

北浜駅・展望台からの眺め
【絶景駅1駅目】オホーツク海に最も近い駅 釧網本線・北浜駅

オホーツク海に最も近い駅として有名な、釧網本線・北浜駅。 網走駅から4駅先にある …

ホームのベンチ
【絶景駅41駅目】日本三大車窓スイッチバックの駅 篠ノ井線・姨捨駅

長野県の松本駅から篠ノ井線に乗って7駅目。 山の中腹に、列車の休憩所のように設け …

下白滝駅ホーム
【絶景駅30駅目】仔牛の声が響き渡る山間の駅 石北本線・下白滝駅

奥白滝信号場(旧・奥白滝駅)から始まり、上白滝駅、白滝駅、旧白滝駅と続いてきた「 …