絶景駅

下車した瞬間に感動を味わえる景色の良い駅、癒やされる懐かしい駅、 自然豊かな秘境駅を紹介

*

【絶景駅28駅目】特急を合わせても一日11本しか列車が来ない駅 石北本線・白滝駅

      2016/11/03

旭川駅から特急オホーツクに乗って2駅目(停車しない特急もあり)、峠を超えた先にある白滝駅に到着です。

特急停車駅ではありますが、普通列車を合わせても、上りが4本、下りが7本しか利用できる列車がありません。

 

shirataki01

ホームは2面3線あって、構内踏切で結ばれています。

広い構内は自然豊かで、旅情をかきたてます。

 

shirataki02

構内踏切から遠軽方面を見たところ。

山々が迫ってくる風景です。

 

shirataki03

特急停車駅ですが、無人駅。

駅内外は自由に行き来できます。

 

shirataki04

広めの待合室は、閉め切れるようになっています。

テーブル付きの椅子もあり、落ち着きます。

 

shirataki05

横長の大きな駅舎がたっています。

 

shirataki06

駅舎の上の時計台には風見鶏もついていました。

 

shirataki07

駅舎横にある「開通祈念碑」。

白滝駅付近の鉄道が開通したのは昭和に入ってからです。

この辺りに住んでいた方々にとっては悲願だったことでしょう。

 

shirataki08

黒曜水の水飲み場。

白滝は日本最大の黒曜石産地だそうです。

 

shirataki09

駅前通りから駅舎を見る。

バックの山々がいい感じです。

 

shirataki10

駅前通り左手。

個人商店が並んでいます。

古い建物も多くあり、興味深い。

 

shirataki11

白滝駅から上白滝駅方面に歩くと、民家はほとんど見えなくなります。

途中、踏切の先に廃屋がありました。

この家に行くためだけの道だったのか、踏切は閉鎖されています。

 

shirataki12

 

さらに上白滝駅方面に歩くと、「合気道開祖 植芝盛平翁 ゆかりの地」という碑が立っています。

植芝盛平といえば数々の武勇伝を持つ武術家。

1912年(明治45年/大正元年)春に、和歌山県の北海道開拓移住団体54戸の団長として白滝地区に入植、現在の白滝地区の礎を築いたのだそうです。

 - JR北海道の絶景駅 ,

  関連記事

駅前の「かなやま湖」
【絶景駅20駅目】湖の畔にたたずむ町外れの駅 根室本線・東鹿越駅

富良野駅から南へ5駅進むと、湖のほとり立つ東鹿越駅に到着します。   …

「北豊津信号場」バス停ポール
【絶景駅66駅目】気が遠くなるような平原にある元信号場の駅 函館本線・北豊津駅

函館本線・函館駅から25駅目、長万部駅の3つ手前に、北豊津駅という駅があります。 …

尾幌駅・駅舎
【絶景駅13駅目】草原と防雪林が美しい駅 根室本線・尾幌駅

釧路駅から根室本線に乗って東へ5駅、まもなく厚岸湾に出るというその手前に、広大な …

仁山駅構内
【絶景駅22駅目】峠に山小屋風の古い木造駅舎が残る駅 函館本線・仁山駅

函館駅を出て北へ6駅、大沼へ向かう峠の途中に、仁山駅という静かな駅があります。 …

駅舎と濤沸湖
【絶景駅12駅目】海と湖に挟まれた駅 釧網本線・原生花園駅

網走駅から東へ5駅目、夏期のみ営業される臨時駅「原生花園駅」があります。 &nb …

北比布駅・待合室
【絶景駅23駅目】薄暗い待合室と板張りホームがある駅 宗谷本線・北比布駅

宗谷本線・旭川駅から北へ8駅、まもなく峠に差し掛かるという手前の平地に、田畑に囲 …

汐見駅全体
【絶景駅14駅目】広大な草原と高級ソファーがある駅 日高本線・汐見駅

苫小牧駅から5駅目、34.5km進んだ位置に汐見駅はあります。 たった5駅で34 …

宮越駅・駅舎
【絶景駅36駅目】町外れの川沿いにある駅 江差線・宮越駅

道南の木古内駅から江差線に乗って6駅目。 峠を越えた先に、杉林に囲まれた静かな駅 …

駅舎と倉本聰の看板
【絶景駅11駅目】「北の国から」始まりの駅 根室本線・布部駅

富良野駅から南へ一駅進むと、布部駅に到着です。 長いホームと、やや広めの駅構内。 …

木造駅舎
【絶景駅3駅目】田圃に囲まれた場所に古い木造駅舎がある駅 留萌本線・北一已駅

深川駅から留萌本線に乗って一駅目にある北一已(きたいちやん)駅   単 …