絶景駅

下車した瞬間に感動を味わえる景色の良い駅、癒やされる懐かしい駅、 自然豊かな秘境駅を紹介

*

【絶景駅69駅目】丘陵の牧草地が見渡せる駅 根室本線・厚床駅

      2016/11/03

厚床駅に到着した車両根室本線・釧路駅からはるばる12駅東へ進んだところにある厚床駅。

砂利のホームに降り立ち、列車を見送ります。

 

 

駅名標「あっとこ」という北海道らしい響きの駅名。

アイヌ語の地名からとった名称で、「アッ・トゥク・ト(オヒョウニレの伸びている沼)」という意味らしい…。

錆びついた鉄骨と曲がった電灯がイイ感じです。

 

 

厚床駅ホームホームはもともと2面3線でしたが、中央の線路が撤去され、単式2面2線構造になっています。

撤去された線路跡には雑草が生い茂り、線路があったと思えな様相を呈しています。

もちろん跨線橋は無く、構内踏切。ローカル線らしい光景。

 

 

牧草地そして、向かいのホームの先にはゆるやかな丘の牧草地が続いています。

まさに北海道でしか見られない絶景!

下車しただけでこんな感動的な風景に出会えるのは北海道ならではです。

ベンチも外側を向いているので、座っていつまでも草原を見ることができます。

 

 

ホームと牧草地の眺め向かいのホームに渡ると、雑草に埋もれた側線が見え、ホーム上には木造の待合室が立っていました。

 

 

待合室一部の外壁は張り替えられていますが、いかにも古そうなたたずまい。

竣工日を示す建物財産標は錆びついて一部判読しづらいですが「昭和2年12月21日」と書いてあるように見えました(「昭和2年」は「昭和12年」かもしれません)。

 

 

旧標津線分岐駅この厚床駅はかつて標津線が分岐していた駅でした。

それを示す案内看板が立っています。

標津線の廃止は、1989年(平成元年)4月30日。

もうずいぶん長い年月が経過しています。

 

 

駅舎内広々とした駅舎内待合室。

右奥はギャラリーになっていました。

 

 

バスの窓口駅舎内にある窓口。

一瞬簡易委託駅かと思いきや、これはバス専用の乗車券窓口。

バス(根室交通)のチョロQも販売していました。

 

 

バス運行路線図バスの運行路線図。

標津線の代替バスとして中標津まで結んでいます。

 

 

駅前風景外に出て駅前を見ると、真っ直ぐな道路とそれなりに並ぶ住宅。

人影はほとんどなく、静まり返っています。

 

 

駅舎とバス厚床駅の駅舎と根室交通のバス。

バスが乗客を待ってしばらく停車していましたが、やがて誰も乗せることなく駅を離れて行きました。

 - JR北海道の絶景駅 ,

  関連記事

木彫りの熊
【絶景駅63駅目】芸術的な駅舎と足湯がある駅 釧網本線・川湯温泉駅

根室本線・釧路駅から釧網本線に乗って13駅目、川湯温泉駅に到着です。 &nbsp …

「北豊津信号場」バス停ポール
【絶景駅66駅目】気が遠くなるような平原にある元信号場の駅 函館本線・北豊津駅

函館本線・函館駅から25駅目、長万部駅の3つ手前に、北豊津駅という駅があります。 …

真布駅・ホーム・待合室
【絶景駅34駅目】背の高い木造待合室がある駅 留萌本線・真布駅

深川駅から留萌本線に乗って5駅目。 真布(まっぷ)というユニークな名の駅がありま …

宮越駅・駅舎
【絶景駅36駅目】町外れの川沿いにある駅 江差線・宮越駅

道南の木古内駅から江差線に乗って6駅目。 峠を越えた先に、杉林に囲まれた静かな駅 …

伊納駅構内
【絶景駅32駅目】辺境的風景を楽しめる駅 函館本線・伊納駅

札幌方面から函館本線に乗り、旭川駅の二つ手前に、伊納駅という不思議な駅があります …

駅舎と倉本聰の看板
【絶景駅11駅目】「北の国から」始まりの駅 根室本線・布部駅

富良野駅から南へ一駅進むと、布部駅に到着です。 長いホームと、やや広めの駅構内。 …

駅前の海
【絶景駅67駅目】丘と海に挟まれた荒涼さ漂う駅 函館本線・石倉駅

函館駅から函館本線に乗って17駅目にある海沿いの駅、石倉駅。   &n …

知来乙駅・ホーム
【絶景駅7駅目】周囲が田圃だけの駅 札沼線・知来乙駅

札沼線・石狩当別駅から北へ進み6駅目、平坦な土地の中に知来乙(ちらいおつ)駅があ …

汐見駅全体
【絶景駅14駅目】広大な草原と高級ソファーがある駅 日高本線・汐見駅

苫小牧駅から5駅目、34.5km進んだ位置に汐見駅はあります。 たった5駅で34 …

細岡ビジターズラウンジ展望台
【絶景駅18駅目】日本とは思えない広大な湿原風景を堪能できる駅 釧網本線・釧路湿原駅

釧路駅から釧網本線に乗って北へ3駅目に、釧路湿原駅があります。   ホ …