絶景駅

下車した瞬間に感動を味わえる景色の良い駅、癒やされる懐かしい駅、 自然豊かな秘境駅を紹介

*

【絶景駅30駅目】仔牛の声が響き渡る山間の駅 石北本線・下白滝駅

      2016/11/03

奥白滝信号場(旧・奥白滝駅)から始まり、上白滝駅白滝駅旧白滝駅と続いてきた「白滝シリーズ」最後の駅、下白滝駅に到着です 。

この駅も隣の旧白滝駅と同様、上り3・下り1本しか列車が来ません。

 

下白滝駅ホーム

列車交換が可能な2面2線。

ホームがずれた位置にある、いわゆる「千鳥式ホーム」で、留置線も一本延びています。

ホームの長さがあまり無いためか、駅構内はわりとこぢんまりした印象です。

 

下白滝駅駅舎内

駅舎内の待合室。

鉄骨の簡易な改札ラッチ、造り付けベンチ、荷受台などが残り、時代を感じさせます。

 

下白滝駅窓口跡

出札窓口跡。

なんと二つ分の窓口が付いていたようです。

昔は賑わっていたのでしょうか。

 

下白滝駅・駅舎

黒ずんだ木造駅舎。

かつては車寄せ屋根が付いていたようですが無くなっており、ドア上部の屋根の形と、柱の礎石のみが残っています。

 

下白滝駅・駅前風景

駅前正面の風景。

左に廃屋が一軒。右に酪農家が一軒のみ。

右側には仔牛が箱に入った状態でズラリと並んでおり、「モー」という声が絶えず響いていました。

 

駅前通りから見た駅舎

 

駅から突き当りの国道に出て、駅舎を振り返ったところ。

写真中央奥に見えるのが駅舎。

 

私は初めてこの駅に訪れた時は、旧白滝駅に下車してからこの下白滝駅に歩いてきました。

駅舎の姿が見えて、ようやく着いたかと思い、ゆっくりとした足取りで駅に向かうと、知らない間に背後に犬が一匹、ピッタリと付いてきました。

私は素知らぬふりをしながらゆっくり進んで駅舎に入り、ピシャリと扉を閉めて様子をうかがうと、付いてきた犬はなかなか離れず、駅前をウロウロし、数分経った後離れて行きました。

どうやら駅前の仔牛を見張るために放し飼いの番犬が何匹かいるようでした。

駅舎の写真を撮影したのはその後で、内心いつ犬に襲われないかとビクビクしながらシャッターを切っていました。

 - JR北海道の絶景駅, 秘境駅でもある絶景駅 , , ,

  関連記事

駅舎と倉本聰の看板
【絶景駅11駅目】「北の国から」始まりの駅 根室本線・布部駅

富良野駅から南へ一駅進むと、布部駅に到着です。 長いホームと、やや広めの駅構内。 …

ホーム向かいに競走馬
【絶景駅16駅目】牧場のど真ん中!サラブレッドが見られる駅 日高本線・絵笛駅

苫小牧駅から日高本線に乗って南東へはるばる125.1km離れた位置に、絵笛駅があ …

土合駅の階段
【絶景駅47駅目】462段の階段の上がらないと地上に出られない日本一のモグラ駅 上越線・土合駅

高崎駅から上越線に乗って15駅目にある土合駅。 トンネルの中にあるホームに到着し …

木彫りの熊
【絶景駅63駅目】芸術的な駅舎と足湯がある駅 釧網本線・川湯温泉駅

根室本線・釧路駅から釧網本線に乗って13駅目、川湯温泉駅に到着です。 &nbsp …

磐越東線の列車
【絶景駅60駅目】夏井川渓谷にたたずむ小さな駅 磐越東線・江田駅

常磐線・いわき駅から磐越東線に乗り換え3駅目、山間の中にある江田駅に到着です。 …

為栗駅ホームと待合室
【絶景駅52駅目】一本の吊り橋以外に出口がない“陸の孤島”の駅 飯田線・為栗駅

東海道本線の豊橋駅から飯田線に乗り換え、長々と乗り続けて43駅目、為栗駅に到着で …

「北豊津信号場」バス停ポール
【絶景駅66駅目】気が遠くなるような平原にある元信号場の駅 函館本線・北豊津駅

函館本線・函館駅から25駅目、長万部駅の3つ手前に、北豊津駅という駅があります。 …

木造駅舎
【絶景駅3駅目】田圃に囲まれた場所に古い木造駅舎がある駅 留萌本線・北一已駅

深川駅から留萌本線に乗って一駅目にある北一已(きたいちやん)駅   単 …

真布駅・ホーム・待合室
【絶景駅34駅目】背の高い木造待合室がある駅 留萌本線・真布駅

深川駅から留萌本線に乗って5駅目。 真布(まっぷ)というユニークな名の駅がありま …

牧草地
【絶景駅69駅目】丘陵の牧草地が見渡せる駅 根室本線・厚床駅

根室本線・釧路駅からはるばる12駅東へ進んだところにある厚床駅。 砂利のホームに …